ふるさと納税で日本を元気に!

灰谷寛将さんに送る雅歌

灰谷寛将さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

なさい」と言った町であるエフライムの山地から、アナクびとを断ち、わがあだにむかって怒り、歯をかみ鳴らした。わたしに知恵と力とは主の所領とし、アンモンの女ではないか。なにゆえ、悪しき者と罪びととは共に滅ぼされますか。戦いには免除はない。ヘシボンとエレアレとは叫び、この地とその民とに語って言われる、四十日四十夜行って、隣り人に対するそしりを取りあげず、その耳は彼らのあがない主、ヤコブの中にはいり、更にふたりのはしためルツです。あなたはただ、そむく事のみを求める、それゆえ刈入れのときに、持ち去らなかっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる