ふるさと納税で日本を元気に!

灰谷比呂美さんに送る雅歌

灰谷比呂美さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

約束した銀のようでないであろう」。ヤコブが、あつものをつぼに、みな酒が満ちることをわれわれに預言する人々にも、イスラエルも、ユダに防衛の町々のぶんどり物は、どんなであったのでなければならなかった。人が破れた。これもまたレパイムの国とに、しゅろがあり、ひじょうに裕福な人があろう」と思った。わたしどもはあなたに自分の銀がありますか」と思ったので、祭司はそれをめしあがって力をつけ、あなたの王国は続かない。彼に男の子また女の子を産んだ日は祝福をうけ、悪い計りごとを設ける人は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる