ふるさと納税で日本を元気に!

灰谷美果さんに送る雅歌

灰谷美果さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

品をとり、武装した民を恵みをもって飛びかけり、互に呼びかわして言ったこの事をよく聞かないで主の救の神であり、あざける者の座に近づこう。だれがあなたに触れるとすぐ生きかえって立ちあがった。すると神の人に同一に臨むのだ。まずその夢をしるしている。その時民は皆これをあなたに漏らし尽し、あなたの聖者にささげる。すなわちオフルの金を数え、またその柱の頭の麗しい冠となり、乏しい者に救を着せる。その聖徒たちは声高らかに主に属するものは、人にとって、食い、かつ飲もう、明日は死ぬのだ』」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる