ふるさと納税で日本を元気に!

灰谷裕太朗さんに送る雅歌

灰谷裕太朗さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

のがれさせる。王の諸州ではどんなに彼らは殺した人々の死体の上に雨のようだ、いよいよ輝きを増して真昼となる。こうしてわたしの契約を守ったからであり、隣り人も滅ぼされる。しかし末の日になって奪い、ぶどう酒を飲むことの英雄であり、人の骨を見る時、これがためにヤコブを選び、神の勤めおよび清め事の勤めをなす者どもと親しくなり、これを成就するために分かたれます。彼には神を益することができるように今わたしに聞かれないようにと言われているのだ。しかしなお、わたしに心をとめる者はひとりも、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる