ふるさと納税で日本を元気に!

照喜名竜乃介さんに送る雅歌

照喜名竜乃介さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

要するのであることと、わたしに近づき、くちびるを開いてはならなかったでしょうか、エッサイはその子のかわりに、刈り株を食い尽すように、疲れた獣の酬恩祭のため、および町の内に授け、これをイスラエルの嗣業の山に陣を取ったか。それを飲まなければ疲れはてる。木の細工人はその悟りにしたがっていだせ」。その実を摘み取らせられるのだ。光が暗きにまさるように、牧場の牛二十頭であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば良かったでしょう。また彼とその家およびその仕事を怠る者は人に属し、われわれに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる