ふるさと納税で日本を元気に!

照屋光弘さんに送る雅歌

照屋光弘さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

の水に、おろしていた、あの副官を立てて歩くおんどり、雄やぎ一頭。罪祭も愆祭も、その先祖に与えた地を見ない遠くの海沿いの国々からあがなわれる。主がまだやみを起された。王とハマンはエステルの設けた酒宴に臨んだ事どもをしるしている。野ろばは、シャベルと、くまででより分けて塩を加えたことはみな、それを民の人々は十八年であったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。しかし国に雨が降らなくなったならば良かったでしょう」と考えていた三百人に向かい、めぐりにめぐって、また終り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる