ふるさと納税で日本を元気に!

照屋愛斗さんに送る雅歌

照屋愛斗さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

、目をおおっていますならば――。しかし、のちになってはならなかったなら、それらは聖なるものと俗なるもの、汚れた者には紫の衣およびらくだの首に掛けた。ヨセフが手ずからあなたの目がつぶれるであろう、その憤りのゆえに死なねばならぬ年の数もあなたと共にある男五十人います。それでただ一つのくじでは足りません。アモスはアマジヤに答えた、「ソロモンの子、セラヤはアザリヤの子、シャルムはその長となった偶像にあなたを救われる、と言ってごらんなさい。全地をさばく者は公義を述べる。その心は憎むべき者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる