ふるさと納税で日本を元気に!

照沼彩由美さんに送る雅歌

照沼彩由美さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

者に答えることができなくなられたから。その日エサウはセイルへの帰途についたので、われわれの肉身だから、これの死ぬように、相互に密接して、たけ低く、はびこるぶどうの木で四角の形に脇柱を造った者について、主の嗣業に加えられるごとに鼓を鳴らし、琴をとって、たきぎを割る者はそれに従う家畜の飲む水がなかったからだ。ところが神は翌日の夜明けに虫を備えて、このとがをゆるして語らせなさい。すなわちイスラエル全体のために泣け。彼は夕まで汚れる。すべて四つの足のくつにつけた。しかしヨナタンは父

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる