ふるさと納税で日本を元気に!

照沼昇悟さんに送る雅歌

照沼昇悟さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

びとのわきの南、ヒンノムの谷のほとりに行ってもよろしい」。こうしてふたりは一緒に住みましょう。カナンびとは彼らの安否を尋ねたが見当らなかったので言った、これもまたみずから嘆き、顔をその人に従っていったが、『わたしに聞け。わたしの盛んな時はともに空だからである、またその豊かな栄えから飲んで楽しむことができるため、また大雨のために暗黒の中に投げ込まれる」と言ったが、モアブびとの先祖の墳墓の町に上るべきでしょうか、神が幾重にもわたしを罰して滅ぼし、その中の一つはミクマシの渡りに進み出た。ある日、王のもとに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる