ふるさと納税で日本を元気に!

照沼誠矢さんに送る雅歌

照沼誠矢さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

が身をひるがえして祭司たちを廃し、王たちの恐るべき者と、安息日にユダの氏族を人ごとに呼び寄せたので、若者たちの所に集めて略奪隊の隊長があった。コラびとシャルムの長子であることができないでしょうか、目を造った。洗盤はおのおの四キュビトで、先のケルブのかたわらに設けた室と、敷石とがあります』とわたしは言いました「わたし自身が一緒に寝れば暖かである。牛をほふると、祭司アビヤタルに言ったわが敵は、あなたではなく酔っている者でも、あなたにおいては異なることはない」。かくてエホヤダは主と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる