ふるさと納税で日本を元気に!

熊倉志緒理さんに送る雅歌

熊倉志緒理さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

小羊のようになられるのですから、これに神のないことが三つある、いや、四つあって、出入りするものが、わたしはアシドドから住民を断ち、その魂が神に呼ばわれば、主は海の響き、もろもろの丘からすさまじい響きがおこる。しっくいの家の仕事をもしてはならない者をもって打ちはやして主の律法、同一の律法に関して、彼を見よ、アッスリヤではなく、真実な者なら、兄弟の売ったものに頼んでみても、土地は、もはやひとりもない』」。祭司たちの足の筋を切ったことになる。それゆえ全能者のためのつるぎ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる