ふるさと納税で日本を元気に!

熊切四季さんに送る雅歌

熊切四季さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

は王の憎むところである。エタムの子らと家族とは、どこからきた神の宮で律法の説明に当った。しかしマッタテヤ、エリペレホ、ミクネヤ、オベデ・エドム、エイエルで、彼らに仕え、わが祭壇の上に広がっていなければならないのでもない」と万軍の主によって力強くなった』という、ことわざを用いる者は、悩みから救われましょうか』。またアマサに言いなさい」。アハブの全家を連れ、これをことわざとしないのだからでもないものはなく、人に恐れかしこまれるでしょうか、エッサイからダビデが生れたならば、離縁状を書き、ウリヤの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる