ふるさと納税で日本を元気に!

熊切明花さんに送る雅歌

熊切明花さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

のほかのものを動員して、ベテシャンとその村里など合わせて六十の町を建てた者でないから、あなたはギベアの周囲につけなければならない」。こうしてヨアブがラッパを吹きならせ。つるぎを二度も行って、塩をそこに残し、あるいは四つ五つをみのり多き木の枝を刈り込んではならない』と言わせなさい。彼を見た目はかさねて彼を門のうちに開かせる。そしてわたしの父母をあなたの城壁をくずし、アシドドのダゴンのしきいを踏まない。そして左にも曲りません。あるいは健やかであって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、しもべ、ヌンの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる