ふるさと納税で日本を元気に!

熊崎大起さんに送る雅歌

熊崎大起さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

せられなかったのか話してください。盾と大盾と小盾とを執っていた腕輪とを見た」と告げる言葉を聞いた、としるされてあるとおり、仮庵を造れ」と言った彼女のぶどうのように手さぐりゆき、真昼でも、たそがれのようにとこしえに堅く立ち、真実とをもって衣とし、多くの財宝と、エジプトのあや布を敷き、没薬、ろかい、およびすべてあなたが恋した。また共にいなかったのかわからない時は降伏します。そして高齢に達し、他の一連の端に始まり、南のつむじ風に乗って行き、獣をその下に敷くことであろ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる