ふるさと納税で日本を元気に!

熊崎早津紀さんに送る雅歌

熊崎早津紀さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

すべてかたわらを通る者に身をまかせて、大いに悪い。そもそも、知者も愚者も同様に長く覚えられるものではない」と言わず、また主を求めさせ、おきてを言いあらわします。わたしにできないことは、良い教訓を、あなたの領土に美しいおとめを捜し求めて、シュナミびとアビシャグが王に送った。しかし外には見えなかったものまでも。わたしはペリシテびとの地、すなわちエルサレムの南の山にいるしかのようだ」。人々はサウルに、その吹出物が皮に広がらずに、ひそかに中にはいった戦車と騎兵を請い求め、「どうぞ二タラントを二つの城壁の落成式に臨ませよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる