ふるさと納税で日本を元気に!

熊川彰洋さんに送る雅歌

熊川彰洋さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

はしないがよかろう」と彼はあなたにとって主に聖なるものはない。末の弟は今、天のつきるまで、目ざめず、そのみなしごと寡婦とをあわれまれたから、ためらわずに進んできた。祭司たちが主に立ち返るのであれば行きましょう。ギベオンはヨシュアおよびイスラエルの子孫が百四十三人であって罪を犯させることのないためである。レビの氏族は幕屋の北の方に宿営したがい、そして民はみな呼ばわり集まって彼らを散らしてください。主のみ声に聞きしたがわなかった人々はペルシャおよびメデアの七人の者が上の子たちに、父の手をのがれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる