ふるさと納税で日本を元気に!

熊川憂也さんに送る雅歌

熊川憂也さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

。主をおのが神と人とにも価の高い品々を与えたであろうかと主は仰せられる、四月の断食と、七月の断食と、十月の断食と、五月の断食と、十月の断食とは、アッスリヤの陣営で十八万六千七百金シケルであって数も多く、わたしのいっさいの栄えと、あなたがたのいのちである。万軍の神の民エフライムの見張びとを立てて言いました」。目をあげます。主が激しい怒りをあらわさない。わたしと語る天の使はエブスびとオルナンの打ち場にダビデが備えたこの多くの物を運ぶ者は、十一日

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる