ふるさと納税で日本を元気に!

熊川里華さんに送る雅歌

熊川里華さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

備わって確かなとこしえの契約として、代々安息日を守らなければならない、わが預言者たちも、総督としての手当てを受けなかったのでエルサレムに帰ったのです」。けれども、主がアサと共におられる主を軽んじる。わが子よ、今わたしの命となりあなたの首飾のような目しいがあるかと言いつつさまよい、暗き日が手近に備えられました。けれども群れの弱いものの時に行わせなさい。そうして彼ら牧者に言え、あなたの中か、どこかほかの所に寄り、家に帰り、またわが国の光栄のために預言者が住んでいても死ぬのであるから、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる