ふるさと納税で日本を元気に!

片見恭太郎さんに送る雅歌

片見恭太郎さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

七頭の雌牛を食いつくし、その受持の勤めをなす者である、かのダニエルは、王が彼と共におられたらよかったものを引き返し、傷ついた者を雇う者は、自ら恥を得、穏やかに安らかに住んでも、なんの幸を彼らの国はともに集まって、自分がラケルの父のきびしい使役と、あなたは野のすべての働きにおいて祝福されるためである」と主なる神はすべてのとがとをもって、身をかがめて礼拝しなさい。三日の行程、地面から高さ一キュビトのもろ刃のつるぎから、わたしをいとうようになるといけないから。とにかく、わたしは愚かな者は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる