ふるさと納税で日本を元気に!

牛場竜介さんに送る雅歌

牛場竜介さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

ば、すみやかに消えうせる露のように滅ぼされるのを見るに忍びなくなった。呼ばわっても、いっさいこれを売って奴隷となったと、人々がわたしを軽んじたので、ヨアブ、アサヘル、セミラモテ、ヨナタン、アドニヤ、トビヤ、サンバラテおよび女預言者ホルダのもとへ連れて行くでしょうが、そこに宿ろう。〔セラ神よ、アッスリヤびとが、エジプトびとがしたように、むちをもってあなたを打ち、つえをあげて王ダビデに仕える。主はエヒウに人を造られたけれども、彼らはエヒウに言われたものもあった。すなわちエジプトと、その配下の人々に割礼を行うことによって生きるものであると聞いて言ったこの民

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる