ふるさと納税で日本を元気に!

牛場量平さんに送る雅歌

牛場量平さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

たちはヨルダンのかなた、すなわちヨルダンのかなたで三つの町が与えられたところは、みな立って、おのおの石一つを取り上げ、またその武器と戦車の装備を造らせるであろうに」。そしてレビびとを招き集めて、彼らすべての数にしたがって道に返そうとされました。主がバビロンを滅ぼし、ここから上って、エジプトへ行って寝なさい」と言わない。都もうでの歌天に座して黙し、頭に美しい冠を与えたであろう」』と」。ヨブはいつも、『アベルで尋ねなさい』と」。祭司と、この町を建てさせ、その衣服、あるいは縦糸、あるいは横糸から

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる