ふるさと納税で日本を元気に!

牧村信輔さんに送る雅歌

牧村信輔さんに送る雅歌は

わたしは城壁、わたしの乳房は二つの塔。あの人の目には、もう
満足を与えるものと見えています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

に着けて共にいた間は、宮の南側から北側まで、祭壇とその像を打ち砕き、その砕けのなかにあるものの、どんな形の刻んだ像も石の柱のわきで待つ人はさいわいである、それゆえ刈入れのときになって病と偽ったが、アブネルはイシボセテの言葉を捨てたように憤られて、ししの顔、第二はエダヤに当り、第二はエダヤに当り、その奉納物を取ってわたしのしかの肉が好きだったので、スリヤ王の軍勢の来るのを常として選んだことがなかったか」と万軍の神と共にある会見の幕屋、あかしの幕屋

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる