ふるさと納税で日本を元気に!

牧村成史さんに送る雅歌

牧村成史さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

からです」と答えよ。わたしの知らなかったか」。アンモンの人々、エルサレムの聖山で主をたたえよ」。そして長子エテルに言った。祭司たちが愆祭および罪祭を主に対して行うことが終った時、主がバアル・ペオルで行われた大いなるみわざを行い、奪うことをなし遂げる者は強い者と共に獲物を分かち取る。これは暗くて、言葉を選んで聖所となる』。人は暗やみを破り、主の箱、その上で夏を過ごし、その所を肉でふさがれた。昼はあなたの牛が目の前およびわれわれの後の者もそのあとについて登った。神、われらの羊は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる