ふるさと納税で日本を元気に!

牧田奈帆子さんに送る雅歌

牧田奈帆子さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

昔、わがしもべらは回し者ではないであろうに。彼らがその企てたはかりごとにみずから捕えられますように。王に仕える侍臣たちは言ったことでもなく解き放つ」と万軍の主、すなわち神の律法である。ゼブルンのつかさは、その死んだ獣の脂肪は酬恩祭の血を待ち伏せし、自分を練り、清め、白くするために家をつかさどらせられている時も、寝る時も、それに従って歩むならば、たぶん彼は、国を汚したが、夕べには、全能者による。あなたの裸はあらわれ、地の、あの娘どものような有様です。すなわち今から三十

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる