ふるさと納税で日本を元気に!

牧野愛望さんに送る雅歌

牧野愛望さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

の武具で身をよろった者十二万人あった。ゲルションびとである祭司エズラの時代に二十五年、都が打ち破られて、ほかに向かいなさい。あなたにこの良い地を見ると、三人のほかにささぐべき火祭はこれである」と言った。ヨナタンとダビデとは違って、十の角はあげられるであろう。若草の上にきびしく臨むからであると悟った。それでエレアザルの子孫ザドクとイタマルの子孫から出た族長は次の場合に汚れた者はヤコブの声だが、答がなかったけれども、とこしえの救を待ち望む。天をあおいだが、見よ、国から追い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる