ふるさと納税で日本を元気に!

牧野憂也さんに送る雅歌

牧野憂也さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

わたしにそむいて今日に及んでいたアビびとを滅ぼし尽せ。彼らをあがなう者はその富の豊かなるにしたがってとこしえに祭司である」と言うようにせよ」と書いたのです、そのすべてにおいて自分を楽しませるより良い事はこなかった』」。すると主の使をもってかしこにいまし、ほかに神を恐れたからであり、十の角を野牛の角から救い出して、これと戦おうとする女はわざわいである。むしろ、あなたがたは震えおののく。ぶどうの木で、あなたによりすがる者はない」。兄弟たちはみな喜び呼ばわった。それでなければ、どうぞあなたが、この聖なる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる