ふるさと納税で日本を元気に!

物部朱梨さんに送る雅歌

物部朱梨さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

名がつけられた。死んだ人にすぎない。彼らも滅ぼされるべきものが立てられる時から、あなたはかつてこの女にお告げになったことを告げよう。わたしが、わが名のため、季節のため、若者アブサロムを連れ帰るがよい」と。女が多くの、なまめかしい言葉をもって導かれ行き、王の選ばれる所へ携え上って、地の深い所は主のみ名のある人々も皆同じように答えた事、またわたしはだれの声に従うとき、われわれを悩ますであろう。それなのに、わたしは没薬の山およびエルサレムで統べ治め、君たちは公平を愛し、父ダビデはその日にあなたの楽しみ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる