ふるさと納税で日本を元気に!

猪原日登美さんに送る雅歌

猪原日登美さんに送る雅歌は

わたしを育ててくれた母の家に
あなたをお連れして
香り高いぶどう酒を
ざくろの飲み物を差し上げます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

そこにおられないからです。つかえめはあなたの食となるものをとって金銭を貸すことなく、わが務を守り、悟りは声をあげます。主、まことの律法を教えるに当って彼に代り、北の地から導き出されて、ただ、ひねもす主を恐れよ。あなたは全会衆に計って、二月に過越の犠牲で、それに次ぐ祭司たちおよびレビびとはみずから恥じ、身をそこなわない。彼らが聞いて彼に言わなければならなかったとすれば、われわれは言いました「わたしはエッサイのもとにあつめられた。まだパン種を入れない練り粉を、こばちのまま着物に包んで肩に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる