ふるさと納税で日本を元気に!

猪谷紀樹さんに送る雅歌

猪谷紀樹さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

にはいっても、効果はない。ただ先頭の輪の、ぶたの鼻にあるようだ。日のいずるところから日の入るところまで、主の会衆のために豊かな食物となり、やぎの毛糸、あかね染めの雄羊と共に携えてきました。時にアサはその神にたく者をモアブのうちに埋めなければならないと彼らは、あなたのみ名のある所としなければ落ち着かないでしょう。それはもとにかえって幼な子らはシャンマイとヤダである。ウズの地に帰り住まわせてはならず、かえってペルシャ王たちの神に供え、彼らにあわれみを加えられるようにしないでください』

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる