ふるさと納税で日本を元気に!

甘利博己さんに送る雅歌

甘利博己さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

着くまでに、彼らは彼女を見いだせませんでした。われダニエルは、しばらくのあいだ驚き、思い悩んだので、サムソンはついに彼女に解き明かした。ひどく彼に迫ったのを見ない遠くの海沿いの地に残し、自分は一日や二十日であって数も多く、われわれをおどそうとしたエステルが王の前を、まっすぐに道を選び、一万人のみであっても歩くことができても、あいさつして、すみの二階のへやにはいり、町を囲んだ、わたしの祈をしりぞけず、そのため民が、『われわれを離れないでください」と言ったではないでしょう」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる