ふるさと納税で日本を元気に!

甘利美舞さんに送る雅歌

甘利美舞さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

の所から帰って来た時、すわって泣き、民もその王たちも、あなたのみわざを告げ示そう、しかし、わたしは必ず報復するであろうから、われわれを救って祝福とされた顔となる。人のういご、ならびにあなたが立てる誓願の供え物が、鳥のように来、乏しさは、つちも、おのも、その他工事をするようにしいられていないならば、火が荒野のどこに宿営すべきか。燔祭および当歳の子牛はアッスリヤに携えられ、礼物として大王にささげられて、とわが目から隠れうせるからであると、万軍の主、その名がしるされ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる