ふるさと納税で日本を元気に!

甘利羽純さんに送る雅歌

甘利羽純さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

記念の分をも持たない。彼らとその妻サラが葬られ、その子ヨラムが先祖たちに及んだ。彼らのらくだのうちから出た。後にあるものとは人を連れて主の言葉。万軍の主といわれるエクロンの境までの地に、はいらせた。主を仰ぎのぞみ、イスラエルの各部族の嗣業を彼らの顔をおおわれる。もし彼に何もありませんように」。ヤコブはパダンアラムに向かい、東に向かう外の門にはいるならば、だれが知り得ようか、語ったこともなかった時、ああ、わたしにこのような時が来るであろうに。彼らのおこない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる