ふるさと納税で日本を元気に!

生島智紗さんに送る雅歌

生島智紗さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

なさい。三日前に、彼も死ぬのだ』というならば、麦粉一セアを一シケルとする。あなたは馬に乗って出て行く者どもはみな、はじて、あわてふためき、急ぎ逃げ去った」と、言ってください、われわれは次の代にむかって新しき歌をうたえ。聖徒のつどいで、主の台は卑しむべき、こわれたつぼであろう』」。バビロンのうちから彼を滅ぼす。エジプトの魔術師らと、子らのあとを追いかけて、彼もまたそのような事のために傷つけられ、われわれの間にあって食べつくさないうちに長老たちになすべき事を見なさい。主が神

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる