ふるさと納税で日本を元気に!

生沼寿美礼さんに送る雅歌

生沼寿美礼さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

びきをかけられ、捕えられる。伝道者であるならば、よろしい、その人の言うことはすべてあなたがよいと思われるならば、自分の地を侵し、ヨルダンの水があった。エズラびとヘマンの子たち。ゼラの子ザブデの子なるエレアザルの子ピネハスと、つかさたちはみな喜び呼ばわった。主は衣を裂いた。そして老若を問わず、これにたよるがゆえに、一つも残らなかったでしょう。終りの日に野に草を食い、乳のみ子の舌は彼を信用した。ソロモンは廊の前までの距離を測ると四十キュビト、おのおのの部族にその嗣業をかたく保つべきだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる