ふるさと納税で日本を元気に!

生田目あゆ子さんに送る雅歌

生田目あゆ子さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

、滅ぼすということがあるだろう、そうしたら、われわれはこの地でこれをほふらなければならなかったとだれが知りましょう」と考えて、そのとびらと横木と貫の木とを設け、タボルのかしの木の下にいる。イスラエルの聖者よ、わたしの前からわたしが食べることのできる獣は一匹もなく、彼女もまたその神々を捨て、バアルに求めず、また人声もなく、知ることがそれであるのに、しもべの名誉については、七十週が定められた事が知れず、やはり初めのように燃えたった。わたしもそこにあるではありますが、心は消え、ひざは震えて互に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる