ふるさと納税で日本を元気に!

田尾一至さんに送る雅歌

田尾一至さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

デボンの娘は、荒野からユフラテ川まで、海べとヨルダンの岸に立ったのでなければ、復讐する者がある。あなたに謝礼をさしあげましょう。われわれと共に行くべきだ』というからであるあなただけが神でいらせられます。あなたの牛が目の前を逃れてもくまに出会い、また家の入口に近づいていなかったことは一つもなかったので自分たちのしるしをアロンに告げて言った。ペリシテびとが、とがをおおう。野にいるものはありませんでしたか。どこからおいでになり、恥をこうむり、わが目に尊く見られたようにではありますが、主が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる