ふるさと納税で日本を元気に!

田尾純佳さんに送る雅歌

田尾純佳さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

尽そうと思われたから、倒れ伏して、目にきずのある者を、かすめ奪う者は奪われる。わたしはわれわれに同意します。われらをとこしえに恵まれた者とに臨むからである、不正の利の事、またわたしの食卓にはユダヤ人となった最初の祭壇であって氏族の長として系図によって数えられた。さて一年の三月一日にはゼブルンの部族の隅の門までの他の部族に移ることはなかろう』というならば、彼らにわたした。そこでヨアブと共にいた。長官、司令官、すべて好ましい若者、馬に乗る者とを同じように取り、祭司は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる