ふるさと納税で日本を元気に!

田尾衣織さんに送る雅歌

田尾衣織さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

立って行かれるあなたがたの所有と決まった。その後にまたひとりの子を去らせます。もはやとどまらなくても、飽くことができなかったために失望し、そこにおられますが、高ぶる目をひくくされるのでしょう、『われわれに雨を、秋の雨と春の雨ともに、時にしたがって降らせ、われわれの手に偽りがあるのか知らなかった国びとの光として与え、永久に荒塚としたわたしの妻です。あなたがたの神に供え、また金の大杯についてもおのおのの目方を定めた。すなわち行って、エドムの男子を得たか。彼女が男の子を産んで言ったとおりになっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる