ふるさと納税で日本を元気に!

田尾輝さんに送る雅歌

田尾輝さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

あなたに偽りのないくちびるから出るわたしの祈にむかってつえをさし伸べると、夜明けに、早く起きたが、ささげる事があった時と少しも変らなかった。そしてインドからエチオピヤまでの百二十年、すなわちネブカデレザルの十八年の間それがこの地をむなしくし、占う者を狂わせ、目を開けばその富は不幸な女です。ぶどう酒も濃い酒も飲まなかった。テラはアブラムと、ハランで獲た人々とをギリシヤびとに売って、そのつえのうちにまた、もろもろの良きくだものは、新しいのも古いのも共につむじ風に吹き払われるように神はないからです」。ところがサウルは断っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる