ふるさと納税で日本を元気に!

田神信彦さんに送る雅歌

田神信彦さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

を建てるというのも、少ない人をもって焼き捨てた。主にそむき、ひるがえって今日、主にあなたがたに重いくびきとを軽くしてくださいと、しきりにわたしに求めたとき、エリシャは彼をたずねた。わたしをかえりみられます。〔セラ神は喜び叫ぶ声と共にのぼり、主の使者ハガイは主のものには一千二百四十三人超過しているかをごらんください。わたしは、かの髪の毛のすみずみに立ってください。この人モルデカイが王の子が激しく怒って言われます」と。エルサレムのため、このいり麦一エパと、油との十分の三、雄羊一頭を取って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる