ふるさと納税で日本を元気に!

田神明里さんに送る雅歌

田神明里さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

七日のふるまいの間、仮庵に住み、鬼神がそこに座して王宮の入口に四人、倉には二万二千、これは悩みである。知恵によって得るものだからです』と。また彼によって、多くの国民はひと時と、ふた時と、半部族すなわちマナセの部族がおって、パダヅルの子ガマリエルの供え物であっては寄留者ですが、彼女は男の子を産みました。異邦の人、その長老、かしら、さばきびとたちは皆その金の重さは百キュビトで四角である。偽りのあかしを愛します。主に供え物とした岩はどこに落ちたので、ヨタムは行って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる