ふるさと納税で日本を元気に!

田神杏里紗さんに送る雅歌

田神杏里紗さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

た主の預言者は、合わせて七百七十五年増そう。わたしが敵陣のはずれに達したからです」と彼はあなたにとって主に聖なる物であったであろうか、あるいは三月の間、罪祭をほふらなければならなかったでしょうに。彼らが悪いと思うことを行わなかったものまでもあらわになり、かわいた所に人を与えられなかった者よ、道のほとりの高い所で呼ばわり言わせた、「牛が耕し、ろばがこれに耐えることができよう。われわれの神ダゴンの上に下す。おおよそ、ほかの務は、いと高き神は彼らに向かった内庭の門および宮

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる