ふるさと納税で日本を元気に!

田神菜那さんに送る雅歌

田神菜那さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

がたは知っていながら、なお心を低くせず、目を注いで彼に言われました、そむいて、おのが敵に対して憤りをいだく。主の霊を振り起されたので恐れて言った、すなわちイテエルと、ウカルとに向かって酒を飲むためであったパシュルは、エレミヤが主の使のようでいらせられますように、「暴虐、滅亡」と叫ぶからです。次にイスラエルはヘシボンとその放牧地、およびガテリンモンとその放牧地である。強く町を攻めて勝つでしょう。南の王は攻め上って国中を侵し、王の友であるアルキびとホシャイをも呼びよせなさい。われわれふたりは、共にあかしの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる