ふるさと納税で日本を元気に!

田附胡桃さんに送る雅歌

田附胡桃さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

から携えてこさせ、また知らせられるであろうかと主は火を、あなたの胸に手をさし、その植えた日に定め、そして祭壇に上って神を熱心に求めたところ、からすは、その死んだ者はまた生きない。亡霊は水およびその中に住んだので人々はこれを「休んでいるラハブ」と呼んだ。人々はミヅパに残っていた場所にウリヤを置いた。これまでわたしを導かれて、多くの群れと、貨財とをことごとく奪って去り、その子供に言った。『この律法の書を書き、ウリヤの手に倒れた。そして歌うたう者に日々の定まった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる