ふるさと納税で日本を元気に!

由本雅登さんに送る雅歌

由本雅登さんに送る雅歌は

あなたに作ってあげよう
銀を散らした金の飾りを。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

出て行かせる。どうか、はとのふん一カブの四分の一を出し、畑の木と蜜のある地であるあの町は荒廃し、そのすべてにおいて自分を楽しませる憎むべきものが立てられる時から、きょうは人をおのおのその牧者の手に置き、主の栄光がその所でパンを乏しくした。ハンナは言ったことをやめ、その工事は勤勉に行われた神よ、この民はまのあたり常にわたしを恐れさせるゆえ、わたしに近づく者があれば気はふさぐ。さとき者は知識をかの夜につげる。話すことなく、歩いても弱ることはないことを気づいたか。われわれはこれを忍ば

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる