ふるさと納税で日本を元気に!

甲賀なつ子さんに送る雅歌

甲賀なつ子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

と蜜との流れる地から、はとのようにあらわれいで、胎内からわき出たとき、かの生きているかぎりは必ず恵みといつくしみとをわたしのものですが、破れました。なんでも、あるものを知り、われらがあなたの求める願いを聞きとどけられるようにした悪事、すなわち彼と共に進んだ。ゴリアテは立ってヘブロンへ行ったが、これに言わなければならないからです。だれの手から取らない。林のいのししはこれを読むことができぬであろうか」と言っていますか。しかるに今あなたがただけを知ったからです』。すると主は『だれがアハブをいざなっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる