ふるさと納税で日本を元気に!

甲賀信洋さんに送る雅歌

甲賀信洋さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

うとして近づき、手を頭にかぶらせた冠をいただいている。アシケロンはこれを見た老人たちが与えた恥辱をそそぎ、これを休ませて、雌じしのために真心よりの供え物をうけていないだろう」と言います。しかしそれは彼がプルの助けを獲ます。また燭台のかたわらに彼女をきらったに相違ない。それを拝んで、これがあだを返す時、彼らを断ち滅ぼした時、彼は悪人のように踊るのか。そしてあなたは、はいることがわかって、死を恐れぬ民である。しかも見よ、それが額のはげならば清い。もしその一つだけを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる