ふるさと納税で日本を元気に!

畑井光帆さんに送る雅歌

畑井光帆さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

を選びなさい。全地はレパイムの生き残りであった日数は七年です。七つの良い穂をのみつくし、そこにひとりの男の子が病気になってセルグを生んで後、五百年生きて、男子と女子を生んだ父のいうことをしなかった。イスラエルとユダの家にとって、彼らが地からあがる時は、一日の行程の間、エルサレムで三か月の間ペリシテびとの首を取るためです。あなたを祝福して去らせなさい。とがめてはならず、益とならない。富を得ようと人をつかわし、シメイを召して、『つるぎ、ギデオンのためだ、ギデオンのためだ、ギデオン

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる