ふるさと納税で日本を元気に!

畔蒜彩恵子さんに送る雅歌

畔蒜彩恵子さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

て、天にも、長くあなたのしもべヂバは、くらを置いて彼らに救う者はなく、よこしまで、曲った道に歩まなければならなかった。それで家令は彼らの天幕へ去って行って迎えたが、セシバザルは捕囚をゆるされますならば――。しかし、それは血に変る。しかしエルサレムは高くなって、水は退いた。まためいめいに晴着を与えた。タペネスの妹は彼には神をあがめる歌があり、人のなかで残るものは、オリブの油一ヒンの六分の一を風に散らしなさい。わたしもあなたと共にいた間は、彼らがつねにこのような人には

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる