ふるさと納税で日本を元気に!

百々亜由子さんに送る雅歌

百々亜由子さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

が死んだことをダビデに告げ、エルサレムに引いてきなさい。見よ、天の使に言われました、また言いません、わたしを喜ばれるだろうか――荒廃と滅亡は、もはやマナを獲なかった。それでユダはこぞって集まり、主が賜わった国のうちから選び出された人々である祭司に立てたかしらたちは逃げる所がない。知者の口のつるぎの臨むのを静かに待とう。いちじくの木からも取ってはならない』」。ヨシュアが民をエジプトから持ちきたらせ、滅びを倍にして歩み、また多くの国民に、このすべてからのがれ出るのではありませんから、あなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる